「オカマ」カテゴリーアーカイブ

出会い系シリーズ第2弾

 

先月からシリーズ化しようと試みている

出会い系にいる面白い人紹介。

第1弾に続く

クセの強い子を紹介します。

 

※ladyboy = オカマ

 

出会い系のオカマは明らかにオカマの顔していても

私はオカマじゃない!と言い張る子が多い。

でもこの子は僕がオカマか聞く前に

自分のことをオカマだと紹介して

そんな私と楽しい事しない?という誘い。

こういうオカマには好感が持てる。

そして楽しい事の内容は

チンチンやキンタマはもちろん

アナルまで舐めてくれるらしい。

そして精子や小便も飲み込んでくれるらしい。

というか僕が求めることなら何でもしてくれるみたい。

意外とフィリピーナは「フェラ」とか「ごっくん」

を嫌がる子が多いので、この提案は嬉しい。

ん~~。でもオカマか~~。

それでも最近のオカマはそこら辺にいる女の子より

可愛い子もいるしな~~。

とりあえずどんな顔か写真を送ってもらうことに。

 

 

 

 

うん。無理(笑)

 

 

太郎ちゃん

 

強烈キャラ

 

昨日出会い系にメッセージが届いた。

最近出会い系で遊んでないから

可愛い子からのメッセージだといいな~

と送り主のプロフィール写真を見ると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいや。

キャラ濃すぎるわ(笑)

 

 

まずどこからツッコミしよう(笑)

一旦、僕の手には負えそうにないので

ブロックしました(笑)

 

 

太郎ちゃん

 

なかなか来ない

 

昨日、出会い系の女の子とチャットしていると遊びに行こうと誘われました!

 

 

女の子「今晩、出かけない?」

僕「一緒に?」

女の子「はい。」

僕「出かけたい。」

女の子「本当に?何する?」

僕「バーに行きたかった。」

女の子「あなたの家で一緒に飲むのはどう?」

僕「いいよ!」

 

展開が早すぎる。

このパターンは怪しい。

 

 

オカマパターンだろうなと思いつつも、することがなかったので家の近くまで来てもらうことに。

誘って来た時間は9時過ぎで、今から用意するから11時くらいになるとの事。

が、12時くらいになっても来ない。

連絡してみると、まだ用意してるとの事。

次の日も朝から仕事があるから寝ると伝えると

今タクシー乗る!と連絡が。

しかしいくら待てども来ない。

結局待ち疲れして寝ていると、家の近くにいると連絡が。

時刻は夜中の3時過ぎ。

シカトしようとしたが鬼コールしてくる。

とりあえず家の近くまで迎えに行くと予想通り。

オカマ(笑)

あんなにオカマじゃないと言い張ったのに。

眠いし、イライラしたので帰らせようとしたが、オカマから提案が。

オカマ「まだ帰りたくない。フェラだけさせて!」

ストレートすぎる(笑)

駄々こねてるのでフェラだけしてもらう事に。

凄いお上手(笑)

最近思うんですが、オカマは自分がこう舐められたら気持ちいい!というツボを知っているので、女の子よりフェラが上手い(笑)

からのアナル舐め。

30分くらいペロペロされて少しずつ指も入れて来て僕のアナルを拡張しようとしてくる(笑)

そして恐れていた提案が。

 

オカマ「挿れてもいい?」

 

やっぱりその為のアナル拡張か(笑)

全力で拒否してフェラだけして貰いました。

が、最後の最後で悲劇が。

オカマが僕のアナルを指でイジっていると

 

ガリッ!

 

激痛が。

 

爪でアナルを引っ掻きやがった。

本当に痛すぎてチンチンが萎えたので帰らせました。

次の日、大便をしてトイレットペーパーで拭くと血まみれでした。

というか今も座るだけで痛いです(泣)

 

 

太郎ちゃん

 

オカマと分かっていながら

 

出会い系アプリ「SKOUT」を使っているとオカマが多い。

I’m a Ladyboy や I’m a transgenderと自分はオカマだとプロフィールに書いてるオカマはまだいいですが

間違いなく写真加工をしている不自然なオカマや

明らかにオカマなのにオカマじゃないと言い張るやつも(笑)

 

3ヶ月くらい前に画像を加工せずに

可愛いオカマがいたので会った事ありましたが

顔は可愛かったので意外とイケるんじゃないかと思いましたが

体のゴツさが男だったので何ともいえない結果に。

それのリベンジ?ではないですが

自称フェラが上手と言っているオカマと会ってみる事に。

会った瞬間、驚愕

 

デカイ!

ヒール履いてるから180cmくらいある(笑)

 

でも顔はオカマっぽさはあるが

まぁまぁ可愛い。

いざ行為をしようとしたら

 

オカマ「フェラしてもいいけど2,000ペソね!」

 

ふざけんな!

 

チャットだとそんな事言っていなかったのに

何で俺が金払ってオカマとやらないといけないんだ!?と怒ると

 

オカマ「オッケー。オッケー。一つだけ提案がある。」

僕「何?」

オカマ「あなたのアナルに挿れさせてくれたらタダでいいよ。」

 

ふざけんな!(笑)

何でオカマに掘られないといけないんだよ!(笑)

 

もう帰れ!と怒ると

オカマもタダでは帰りたくないので

帰りのタクシー代だけくれたらフェラしてくれるとの事。

まぁそれなら自称フェラ上手のフェラを味わってみたいと承諾。

だが、予想はしていたが

 

全然上手じゃない(笑)

 

無理やりフィニッシュして帰らせました。

 

結論。

時と場合によってオカマもいけますが

僕は個人的にオカマに行く事はないと思います。

酔っ払ってなければ(笑)

 

太郎ちゃん

 

オカマの見分け方

 

 

フィリピンにはたまに女性より綺麗なオカマがいます。

上の写真は明らかにオカマですが。笑

外見での見分け方としては…

 

・肩幅

いくら顔を整形しようが、男性のガッチリ感は変えられません。

 

・お尻の大きさ

女性の様に脂肪のプックリ感がなく、筋肉質です。

 

・喉仏の有無

正直これがあったら 隠す気ないやん!ってなりますね。笑

ただ最近のオカマは女性ホルモンの薬を飲んでいる、または手術で取り除いてるオカマもいますのでご注意を!

 

フィリピン人男性の平均身長は162cmと日本人男性の平均身長171cmと約10cm違く、小柄な男性が多いので本当に分からないです。

正直写真だけだと分かりません。笑

最近の写真アプリの技術は凄いとしかいいようがない。

僕の場合、出会い系の子がオカマか分からない時は水着の全身の写真を送ってもらいます。

顔だけだと写真アプリでいくらでも加工できますが、やはり全身だと男感が隠せません。

そして

 

ヘソの位置を見る!!!

 

男性のヘソの位置はクビレと同じ高さ!

 

女性はクビレより下にヘソがあります!

 

 

僕はお腹がパンパンでどこがクビレか分かりませんが。笑

ご参考までに。

 

太郎ちゃん

 

 

オカマを抱いた話

 

1ヶ月くらい前、ビザや航空券などの支払いが重なって金欠になり、女の子と遊びに行く余裕がなくなりました。

ただ僕の性欲は中学2年生の時から変わらず、30年たった今でも暇さえあれば風俗に行くかオナニーの日々。

そこで僕は出会い系の SKOUT で2日前からチャットをしていた子に

今から会える?と質問

普段なら1時間くらい返信がないのに…

 

即答でOK。笑

 

怪しい…

普通の女の子がそんなにすぐ会えるのか…?

美人局に遭うんじゃないか?と不安を抱きつつも

とりあえず写真を送ってもらいました。

 

 

 

普通に可愛い♥笑

 

ただSNOWを使って画像加工しているから信用できない。

一応念のために質問

太郎「アー ユー バイヨット?」(あなたはオカマですか?)

すると

女の子「ははは。私が男に見える?もちろん100%女だよ!」

 

オッケーーーーーーーーー!!!!!

 

失礼な質問してゴメンと謝り、

家の近くのバーまで来てもらうことに。

会った最初のイメージは…顔が可愛い♥

 

ただ…違和感が…

 

肩周りが大きい。笑

 

こいつ絶対にオカマだろう!と思いつつもバーでビールを飲みながらお互いの趣味や世間話をしていると…

女の子「ごめん。実は私、バイヨットなんだよね…」

 

でしょうね!

 

ただ酒も飲んでるし、顔が可愛いから強行突破で家に連れ帰ることに。

とりあえず脱がしてみる。

おっぱいは女性ホルモンの薬を飲んでいるのでBカップくらいはある。

そして問題のオチンチン。

 

いまだ健在!笑

 

ただ女性ホルモンを摂取しているのでサイズは小学生サイズ。

そしてキスを強要してきましたが、

さすがに顔は可愛いけどキスには抵抗があり、

フェラだけしてもらいました。

が、顎が痛いからもうフェラしたくない!と突然の終了宣言。

すると

オカマ「ゴム持ってるから私に挿れて!私のアナルは女性のより締まりが良くて気持ちいいよ!」

はい?誰からの情報だよ!

お前自分で自分のに挿れて確かめたのかよ!

と思いながらも興味があったので恐る恐る挿入。

 

ふっふっふっ。たしかに気持ちいい。笑

 

自称遅漏で有名な太郎ちゃんもすぐ昇天しました。笑

 

 

結論。

オカマも場合によってはイケる。笑

 

以上。

 

太郎ちゃん