本気で!?

 

昨日は以前、お持ち帰りしたビキニバーの女の子から連絡が。

 

女の子「今から会えない?」

僕「今?仕事は?」

女の子「もう辞めた。」

 

仕事を辞めたからお金が欲しいのかな。

怪しいので探ってみることに。

 

僕「とりあえずご飯でも行く?」

女の子「お腹空いてない。」

僕「じゃあバーでも行く?」

女の子「お酒飲みたくない。」

僕「じゃあ何したい?」

女の子「私ホラー映画が好きだからあなたの家でホラー映画見たい!」

 

怪しい(笑)

この子の方がホラーだ(笑)

これで連れ込んだら

お金を請求してくるパターンや!(笑)

まぁ以前、持ち帰った時に相性が良かったし、

請求されたとしても2、3千ペソだろう

という軽い気持ちで家に呼んでみた。

 

1時間ほどで家まで来たので

Youtubeでホラー映画を見ようとした

が、お酒が飲みたい!との事。

来る前はお酒飲みたくないとか言っていたのに。

やっぱりホラー映画は家に来るための口実か。

 

そしてお互いビールを2本ずつ飲んだら

女の子がベッドに寝転び、酔っ払ったアピールで誘ってくる(笑)

とりあえず誘いに乗ってみる事に。

すると以前持ち帰った時より積極的で丁寧に。

そして一番の違和感、I love you を連呼してくる。

だが嘘でも若い女の子に I love you と言ってもらえると嬉しい(笑)

そして終了。

普通のビキニバーの子ならここで帰るが

帰る気配がない。

むしろ僕の腕枕で寝ながら

I love you を更に連呼。

違和感しかない。

 

僕「急にどうしたの?」

女の子「何が?」

僕「いや、急に I love you とか言うし。」

女の子「初めて会った日からずっとあなたの事が頭から離れなかった。」

僕「えっ?1回しか会ってないよね?」

女の子「そうだけど、あなたの彼女になりたくて仕事も辞めた。」

 

?????????????

 

もはや何がなんだか分からない。

だけど結局その夜は3回ヤッてしまった(笑)

 

そして朝。

女の子が帰るのでタクシー代として1,000ペソを渡すと

女の子の表情が強張った。

これは3,000ペソくらい払わないと納得しないパターンだ。

すると

 

女の子「いらない。」

僕「えっ?」

女の子「お金なんていらない。あなたの事が好きだから。」

 

もう何が真実か分からない。

人間不信になりそうです。

とりあえず今後の彼女の動向に乞うご期待(笑)

 

 

太郎ちゃん

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)