合鍵は渡すべきか…

 

昨日は日本から遊びに来た先輩とKTVに行ってきました。

そこには僕の彼女がいるんですが

先輩がショーアップをしたので

僕も指名せずショーアップ。

 

が、まさかの

 

先輩が僕の彼女を選んでしまった。汗

僕もビックリしたが彼女もビックリした顔。

周りの女の子達も僕らの関係を知っているので

ざわつき始めた。

 

先輩「この子たち急に盛り上がってどうしたの?」

僕「先輩がイケメンなので盛り上がってるみたいです。」

 

と適当な嘘をつくと

 

先輩が「お前の女も選んでやるよ!」と余計な行動に。

 

先輩「お前の好きなタイプ知ってるよ!一番右の子だろ!?」

僕「は、はい。よく分かりましたね。」

先輩「当たり前だろ!?俺ら10年以上の付き合いだから、お前のタイプくらい知ってるよ!」

僕「さすがですね。」

 

先輩!

残念ながら僕のタイプはあなたが選んだ子です。笑

 

でもせっかく先輩が選んでくれたので

その女の子とワイワイ話していると

痛い視線が。

何で楽しそうに他の女と話してるんだ?という顔をした彼女が

僕を睨んでいる。笑

 

こ、怖すぎる((( ;゚Д゚)))

 

そこからは女の子とは極力会話せず、

午前3時の閉店まで先輩の接待に集中。

先輩をホテルまで送り届け、一安心。

時刻は午前4時。

朝から仕事だったのでアラームをセットしようと

携帯を取り出すと彼女からの電話が。

 

不在着信13件。

 

絶対に怒ってる。

掛けなおしたいが既に午前4時。

それに朝から打ち合わせが入っていたので

気付かなかった事にしようと

先輩のホテルから帰宅。

家に入るが違和感が。

電気をつけると

彼女がベッドの上で体育座りしていた。

電気もつけずに…..泣いている。

だが眠いし朝早いので

もう寝ると説明しベッドに入るが

ずっと隣で泣いている。

気になるので泣きやむまで謝罪。

結局納得してくれたが

気付けば時刻は午前6時。

9時から打ち合わせなので絶望。

40代のオジサンには過酷。

こっちの方が泣きたい。

やはり合鍵は渡すべきではないと

思った僕なのでした。

 

 

太郎ちゃん

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)