オカマを抱いた話

 

1ヶ月くらい前、ビザや航空券などの支払いが重なって金欠になり、女の子と遊びに行く余裕がなくなりました。

ただ僕の性欲は中学2年生の時から変わらず、30年たった今でも暇さえあれば風俗に行くかオナニーの日々。

そこで僕は出会い系の SKOUT で2日前からチャットをしていた子に

今から会える?と質問

普段なら1時間くらい返信がないのに…

 

即答でOK。笑

 

怪しい…

普通の女の子がそんなにすぐ会えるのか…?

美人局に遭うんじゃないか?と不安を抱きつつも

とりあえず写真を送ってもらいました。

 

 

 

普通に可愛い♥笑

 

ただSNOWを使って画像加工しているから信用できない。

一応念のために質問

太郎「アー ユー バイヨット?」(あなたはオカマですか?)

すると

女の子「ははは。私が男に見える?もちろん100%女だよ!」

 

オッケーーーーーーーーー!!!!!

 

失礼な質問してゴメンと謝り、

家の近くのバーまで来てもらうことに。

会った最初のイメージは…顔が可愛い♥

 

ただ…違和感が…

 

肩周りが大きい。笑

 

こいつ絶対にオカマだろう!と思いつつもバーでビールを飲みながらお互いの趣味や世間話をしていると…

女の子「ごめん。実は私、バイヨットなんだよね…」

 

でしょうね!

 

ただ酒も飲んでるし、顔が可愛いから強行突破で家に連れ帰ることに。

とりあえず脱がしてみる。

おっぱいは女性ホルモンの薬を飲んでいるのでBカップくらいはある。

そして問題のオチンチン。

 

いまだ健在!笑

 

ただ女性ホルモンを摂取しているのでサイズは小学生サイズ。

そしてキスを強要してきましたが、

さすがに顔は可愛いけどキスには抵抗があり、

フェラだけしてもらいました。

が、顎が痛いからもうフェラしたくない!と突然の終了宣言。

すると

オカマ「ゴム持ってるから私に挿れて!私のアナルは女性のより締まりが良くて気持ちいいよ!」

はい?誰からの情報だよ!

お前自分で自分のに挿れて確かめたのかよ!

と思いながらも興味があったので恐る恐る挿入。

 

ふっふっふっ。たしかに気持ちいい。笑

 

自称遅漏で有名な太郎ちゃんもすぐ昇天しました。笑

 

 

結論。

オカマも場合によってはイケる。笑

 

以上。

 

太郎ちゃん

 


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)